盗聴器・盗撮カメラ 発見 スピード出張調査依頼

富山 盗聴器 盗撮カメラ 発見 調査

みなさまへ   

現在、STARS探偵事務所では富山県内の富山市を中心に 盗聴器・盗撮カメラ の不振電波パトロールの巡回調査を強化しております。
最近では盗聴器発見調査の依頼、盗撮カメラ発見調査・撤去除去依頼が大変増えてきており、調査の結果の発見率も近年に比べると非常に高い結果です。
不振電波を傍受した際、周辺のお宅や会社等に直接お尋ねすることはございませんが、ご報告チラシをポストに投書させていただく場合もございます。
地域のご住民の皆様の安全な暮らしを願っております。
ご自身のプライバシーはご自身の行動でしか守れません。
ご引越しをされた後の調査も最近では必須となってきております。

他人事とは捉えずに、一度 盗聴器・盗撮カメラ 発見調査を強くお勧めいたします。
どんな相談でも無料。まずはお気軽にメールかお電話にてご連絡ください。

 

富山で 盗聴器・盗撮カメラ 発見のスピード出張調査はSTARS探偵事務所にお任せください!

盗聴器を仕掛ける人とは、恋人(元恋人)や、親、友人・知人であったりと様々です。
盗聴器を仕掛ける理由も恋人や子供の監視目的に使う人や嫌がらせ目的、引越す際にこっそり仕掛けて次に入居した人の会話を盗聴するような愉快犯や盗聴器マニアなど様々です。
また、ストーカーやセクハラ被害で多いのが盗撮器です。
盗聴器、盗撮器共にインターネットなどの通信販売で簡単に手に入れる事ができ、販売についても今のところ規制などはなく、販売する側の判断に任されているため、誰にでも購入できます。
盗聴器を仕掛けられた場合、電話中に雑音が入ったり、いたずら電話や嫌がらせが多くなったり、 本人しか知り得ない事を他人が知っていた、個人情報を言いふらされたというような事が、あなたの身の周りで起こっているのであれば、盗聴器が仕掛けれている可能性が考えれます。


盗聴や盗撮カメラが考えられる主なケース

1、浮気や不倫を疑われている。
2、過去に合鍵を渡していた。
3、自由に出入りできる交際相手がいる。
4、複数の異性と交際しており、別れ話が浮上している。
5、夫もしくは妻と離婚調停中。
6、金銭や人間関係でトラブルを抱えている。
7、最近引っ越しをしてきた。
8、自分しか知り得ないことを第三者が知っている。
9、電話中やテレビを見ている時に雑音やノイズが入る。

法人の場合では、派閥事争いや社内不正、産業スパイ(商品開発や重要機密情報漏洩)・誹謗中傷のための情報収集などが考えられます。
一般家庭と違い、法人の場合は部外者でも安易に立ち入る事が可能な場合があったり、 重要機密などが目的で入社する場合があるなど、比較的盗聴され易い傾向にあります。
役員や社員でも一部限られた人間しか知らない情報が噂になっていたり、顧客情報など利権が絡む重要な情報が漏洩する懸念が有ります。


盗聴や盗撮カメラに関する基礎知識

近年急増している盗聴盗撮被害。
被害に遭うのは若い女性ばかりではありません。たとえば親族内でもめ事があった場合や、配偶者や子どもなどの行動を疑う身内が仕掛けたりすることもあります。つまり、男女問わず被害に遭う危険性があるのです。一人暮らしであろうと、家族と暮らしていようと、何らかの理由によってターゲットにされることがあるのです。
「うちは大丈夫」という考えは捨てましょう!
前に住んでいた人が盗聴されていたことに気付かず、そのまま退去するということもよくある話です。
仕掛けてそのまま回収せずに放置する、「付け捨て」という行為や「趣味」による盗聴行為も増えています。盗聴器の低価格化が要因になっているようです。
盗聴器の被害を知らずに放置しておくと、ストーカーや、嫌がらせ行為、振り込め詐欺などにも広がっていきます。

仕掛けられやすい場所とは、

1、壁に設置されているコンセント、または延長コード。
2、見覚えのない電源タップも要注意。
3、偽装された時計型や電卓型の盗聴器。
4、クッションやぬいぐるみなどのプレゼントされた物。
5、時計やポスターなど普段見ることのない裏側。

他にも、偽装された盗聴器の場合、パソコンのマウスがいつの間にか変えられていたり、知らない間に三又の電源タップなどがこっそりとつけられていたりする場合が多く見られます。


盗聴器の種類

近年では盗聴器の高性能化、小型化が進み、ドラマやニュースに出るような三又のコンセントタイプだけではなく、パソコンのマウス、キーボード、USBコード、ボールペン、電卓、折りたたみ傘など、挙げればきりがありません。


様々な盗聴器、盗撮カメラ

上記はほんの一例です。ユニット型といわれるタイプでは、ぬいぐるみから電化製品に簡単な改造でそれらを盗聴器や盗撮カメラに変えてしまうことができます。

盗聴器や盗撮カメラは小さな基盤と小さなマイクにわずか1ミリほどのレンズ、電池などによって電源が得られればどんなものでもそれに変わります。
電池タイプの場合は1週間前後ですが、コンセント型などの家庭用電源タイプのものは半永久的に壊れるまで盗聴電波を発し続けます。
盗聴器や盗撮カメラの販売台数は年間60万個とも言われ、常に数百万個の盗聴器や盗撮カメラが仕掛けられていると考えられます。


引越しの時こそ調べ時

引越の際、前の入居者が盗聴器を仕掛けられていたことを知らずに退去して、そのまま新しい入居者が同じように盗聴被害に遭うという被害も増えています。引越の時期は盗聴器の有無を調べるいい機会でもあります。

そして、もらったものに盗聴器が仕掛けられていたという被害も年々増えています。
「オーディオを譲ってもらったら実はそれに盗聴器が仕掛けられていた…」というケースや、照明機器などの家電に仕掛けられていたということもあります。
また、元彼氏と交際中にもらったぬいぐるみの中に仕掛けられていたという被害もありました。

被害を拡大させない為にも、小さな心配事でもお気軽にお聞かせください。


盗聴器・盗撮カメラ発見調査料金の目安

お見積り料金には諸経費・機材費・交通費・車両代・写真代・報告書作成費等、全てが含まれます。
消費税は別途かかります。


追加費用は発生しません

たしかに、探偵は追加費用をあとから請求されるという話はよく聞きます。
他社で契約された方が、「実際に契約時に言われた金額よりあとから多く請求されたのですが、どう思いますか?」と電話で相談して来られる方が居るのも事実です。
不安な中、調査を依頼して、終わったら後から多く請求されるのでは、安心して依頼できませんよね。
すべての探偵社が同じシステムとは限りません。
目先の金額だけに惑わされず、自分に合った探偵に依頼することはとても大切なことです。

契約時に決めた日数以上に、お客様ご自身で調査日を増やす場合。
契約時に決めた内容以外に別の調査をあとから依頼した場合。

このような場合は、契約時に決めた金額のまま行うことはできない為、追加、もしくは別途費用が必要になります。
契約時の金額を勝手にオーバーするような調査は致しません。